マナーを身に付けておく

勉強

大学受験や就職活動を行う際、必ず行われるものとして面接試験がある。面接試験では、その人の基本的な姿勢やコミュニケーション能力を試すなどの目的があり、どこの大学や会社を受ける場合にも行われる。面接試験においては、合格するためのマナーなどがあり、それらを外してしまうと不合格となる可能性が高くなってしまう。面接試験におけるマナーとしてあるのが、まずは身だしなみである。大学生や社会人となるのにふさわしい身だしなみをしているかということが重要になる。面接にふさわしくない服装や身だしなみで行ってしまうと、印象を下げる可能性が高いため注意が必要になる。また、目を見て話しをするということもマナーとしてある。面接試験を受ける場合には、必ず相手の目を見て受け応えることが重要である。目を見て受け答えができない場合、自信が無いように印象付いてしまうことが多いためである。その他、言葉遣いには特に注意が必要となる。大学受験や就職試験などにおいては試験官は自分より年齢が上であるなど目上の人ということが通常である。これらの人に接する場合、言葉遣いは重要なマナーになる。敬語が使えないということや、友人との会話と同じような雰囲気で話してしまうと、不合格とされる可能性が高くなってしまう。また、遅刻しないようにすることや、入退室の動作など基本的な部分については面接試験を受ける以前の問題になってしまう為、注意しておくことが重要である。