選ばれている要因とは

男性

特徴と大学の違い

短大とは短期大学の略で、職業または生活に必要な能力を育成することを目的とした教育機関です。修業年限は、医療系を除き2年間で、卒業までに62単位以上修得しなければならないのです。短大が多くの人に人気となっているのには、第1に大学と比較して学費が安く済むことがあげられるでしょう。とりわけ私立学校の場合は、大学の2分の1以下の学費で済むので、経済的に負担がかからないです。短大に在学している間に大学へ偏入学することも可能です。系列の学校では成績優秀であれば、大学へ編入できるシステムが設けられているのです。他大学への編入を希望する場合、試験を受け合格すれば3年次に編入学することができるのです。近年、男性の入学者が増加傾向にあり、中でも医療・保育系の学校では顕著です。増加しているとはいえ、男性学生の数は少ないため、女性に大事にされやすいです。学問は、専門研究色が強い大学に対し、実践的能力育成に重きを置かれているのが特徴です。実践的能力を身に付けるため、免許・資格に力を入れている学校が多いです。短大では、保育士や幼稚園・小中学校の教員免許などを取得することができるのです。短大の入学試験は、推薦入試・AO入試・一般入試など多岐にわたるのが特徴です。また、センター試験を利用できる学校も存在しているのです。短大は推薦入試を採用している所が多く、一般試験は大学の試験より科目数が少ないです。AO入試は各短大により期間や方法が異なるのです。